ホーミングブログ

本格的に着工致しましたAM工場増築工事。



まずは杭工事からスタートです

と言っても通常の杭とは少し違い、

スクリューで掘りながら現状の土にセメント等を混ぜる地盤改良杭という物になります。

IMGP1948

まずは機械搬入から。

杭工事のときは毎回大型車両の出入りが頻繁にあるので、

交通安全に重々気を付けながら搬入します


無題

設計士さんも立ち合いつつ、順調に作業を進めていきましたが・・・。


IMGP1956

作業中盤、鹿児島では珍しく、積もるほどの大雪が振りました

結構山奥にある工場なので、路面凍結もあったりで・・・

私もおそるおそる運転しながら現場に到着すると、作業員さんはすでにスタンバイ済。

あふれんばかりのやる気です(笑)

しかしながら肝心のセメント材が搬入できず、雪が解けるまで工場の方と雪かきをしたりして。


無題


雪の影響もなんのその、予定通りの工程で作業完了!さすがです  

一見、工事前とは何も変わりませんが・・・・




IMGP1954


土を掘れば杭の頭がこんにちわ

これで杭工事は完了。

続いて基礎工事に入ります




AM工場の増築工事が始まりました


RIMG0009

元々擁壁があったところを・・・




DSC_1700

別業者の工事により敷地を拡げたところからが私達の仕事です。


まずは地質調査から

DSC_1710

細い金属棒を一定の力で回転させながら打ち込んでいき、

何回転でどのくらい進んだかという数値を基準に地質の固さを調査します。

この時代になんともアナログな・・と思うかもしれませんね(笑)

確かに電流や電磁波を流して地質を調べる方法もあるのですが、まだ一般的ではないようで・・。

そのうちボタン一つで何キロメートルも深い地層を調べられる時代が来るかもしれませんね。

(私が知らないだけでもう来てるかも?)


調査が終わり、杭の深さがおおよそ確認できました。



DSC_1715

縄張りをし、建物、杭の位置を確定したところでいよいよ本格的に工事が始まります



H様邸新築工事、無事完了しました



46



外壁は清潔感あふれる白で統一です。

新築感も相俟って眩しいっ

でも写真じゃなかなか伝わらないですよね

ではこれでどうでしょう?


44


驚きの白さ



2階部分が広々とガラス張りとなっています。(反対側も)

ここがちょうど内部の吹き抜け部分になっているので・・・

44

この様に家全体に日光が差し込みます



26


電気がなくても常に明るいリビングです

家庭の未来も明るいです



50


2階部分、部屋内側もガラス張りになっていて、吹き抜け部分が見下ろせます。

子ども達が2階から元気よくお母さんを呼んでいました

ほのぼの



56


浴室です。

ユニットバスが主流の時代ですが、こちらは作り付けの浴室です。

浴槽、壁の白と、タイルの黒のモノクロなデザインがクールです

自由に作れるのが作り付けの良さですね



一般的な住宅よりもちょっとオシャレで風変りな住宅。

とっても魅力的な住宅に仕上がったのではないでしょうか

これからメンテナンスを含めなが~~~いお付き合いになるかと思いますが、

今後ともよろしくお願いします

このページのトップヘ